食べ物

【体験談】中国出張に行くたびに便秘が解消される理由を考えてみた

こんにちは。緒方です。回数だけで言ったら便秘というほどではないですが、うんこが固くてたまにお尻が切れます。ちょっと痔になってます。痛いです。

便秘って嫌ですよね。スッキリしないし、トイレにこもって力んでも痛いだけだし。

そんな私が中国出張に行くたびに便秘が解消されるので、その理由について考えた結果を紹介したいと思います。

まぁ、便秘なんてのは運動不足だったり、体調だったり、体質だったりいろいろ関係しているので、「〇〇すれば便秘解消」なんてことはないかもしれませんが、すくなくとも私には効果がめちゃめちゃありました。

スポンサーリンク

私の便秘度

まず最初に私の便秘度を紹介します。え? そんなの聞きたくないって? まぁまぁ。いいじゃないですか。とりあえず実験体ってことで。

お通じ回数:1回/1~2日
うんこの硬さ:日によるが結構硬い。だから時たま血が出る。痛い。

まぁ、こんな具合で、お通じの回数だけで言ったら別に便秘じゃないと思うんですよ。だけど、問題はうんこが硬いということ。(なんか、冒頭からうんこうんこ書いてばかりいるな)

トイレに籠もる時間は長めです。20分なんて平気で入っています。40分位格闘することもしばしば。

そしてようやくうんこのヤツが出てきたかと思ったら、おしりが切れやがるわけですよ。なんてことだ!

そんな私は切れ痔からのいぼ痔気味です。もう、肛門科にいかないといけないかな、、、。

便秘解消に中国料理が効いている?

そんな悲鳴をあげていた私のお尻ですがが「あれ? なんだか違うぞ?」と思うようになったのはここ半年くらいです。

ここ半年前くらいから、海外出張がものすごく多くなりました。特に中国。そして、中国出張している時に限ってうんこがめちゃめちゃでるし、やわらかいんです。

切れ痔、いぼ痔気味の私のお尻でもなんなくスルンっと出てくるくらいスムース。そして大量です。「わぁ、すごい!」ってびっくりしました。

で、日本に帰ってくるともとの硬いうんこに戻るわけですよ。

それがここ半年で何回も続いていたので、「あれ? これはなんなんだ?」と思うようになったわけです。

思い当たること

中国出張に行くたびに硬いうんこが解消されるので、「この原因はなんなんだ?」と考えました。そこで思いついたのが3つ。

1. よく歩く
2. 中国の水を飲んでいる(ペットボトルのやつね)
3. 中国料理を食べている

1. 「よく歩く」
海外出張に行くと、空港まで歩いたり現地でも歩くのでそこそこ歩きます。大体5000~10000歩くらい。でもね、そもそも私は普段からそこそこ歩いていて平均で言うと7000歩くらい。だから、歩いたことで便秘が解消したわけではなさそうです。

2. 「中国の水を飲んでいる」
中国ではホテルでも、蛇口から出る水は飲料水ではありません。だから基本的に飲む水はペットボトルになります。最初のうちは、「中国の水があっているのか?」とも思ったのですが、先日出張に言った時には「日本メーカーの日本茶」しか飲んでいないにもかかわらず快腸だったので、これでもないと思います。

3. 「中国料理を食べている」
そう。残る可能性としてはコレになるわけですよ。

中国料理が便秘解消になっていると思うわけ

中国料理って言われて何を思いつきますか? 「麻婆豆腐」「青椒肉絲」「酢豚」そんなイメージが多いと思います。

ただ、実際中国に行ったことのある人ならわかるかと思いますが、中国人は日本人が思っている以上に野菜を食べています。

私の感覚でいうと、日本人の2~3倍位食べているんじゃないかな。あとは、こちらはイメージ通りかと思いますが、大体油を使っています。私が好きなのは「キャベツの炒めもの」や「いんげんの山椒炒め」「麻婆茄子」なんかです。料理の半分以上は、そうした野菜料理です。意外と肉や魚って食べてないんですよね。結構驚きでした。

ここから導き出される便秘解消を手助けしていることとしては「油で炒めた野菜を食べること」です。ただ単に野菜を取るだけなら、日本での生活でも解消されても良さそうなもんですが、便秘に貢献しているのは油を使っているところなんじゃないかと私は思っています。

アメリカでは、肥満体質の人を多く見かけましたが、中国では肥満体質の人はあまり見かけません。大体細い人が多いんですよね。この細さの原因が油を使った食生活にあるんじゃないかと。

注意点:辛いものは止めてね

注意点として、中国では四川料理に代表されるように辛い食べ物がけっこうあります。私も何度か食べましたが、かなり辛いです。こういうのを食べちゃうと翌日以降おしりがヒリヒリするので、食べないほうがいいです。

おすすめしたいのは、辛くない油で炒めた野菜料理です。

スポンサーリンク

同じ意見の人もいる

これは私だけに当てはまることなのかな? と思ったので調べてみると結構同じ意見の人がいたので紹介します。

まとめ

中国出張に行くたびに、便秘が解消されてやわらかいうんちが出る原因は「炒めた野菜」をたくさん取っているところにありそうです。(個人的見解ね)

中国料理が便秘を解消するというわけではなく、豊富な野菜摂取と適度な油摂取がお通じが良くなっている原因だと思っています。

便秘に悩んでいるあなたも、明日から野菜と油を効率よく取ってみたはいかがですか?

スポンサーリンク

-食べ物

© 2020 OGATAGO