体験談

虫歯をなるべく削りたくないからストリークレーザーなるものをためしてみた

虫歯ができていました。毎日しっかり磨いていたけれど、歯と歯の間からやられていたみたいです。

歯医者さんに行ったら「大きな虫歯があるね。これは削らないといけないし、神経に触るかも・・・」という話になり恐怖しました。

もうね、本当に歯医者嫌い。歯を削られたり、神経抜かれるというのがもうダメ。ギブアップ。

そんなわけで、その歯医者さんはやめて家に帰って「どうしたら歯をなるべく削らずに神経取るようなことがないだろうか?」といろいろ調べまくりました。

その結果、たどり着いたのが「ストリークレーザー」なるものです。この記事では、ストリークレーザーを試してみた体験について書いていきます。

待合室にて

まだストリークレーザー自体が普及していないのですが、幸いなことの家の近くにストリークレーザーを扱っている歯医者があったので、早速予約をしました。

当日、歯医者を尋ねると、やはりストリークレーザーを推奨しているのか「虫歯があったらストリークレーザー治療しますか?」という紙を渡されます。

ここはもちろんイエス。

ただし書きとしては
・100%治るわけではない
・治療中はチクチク、ピリピリする
・麻酔を受けずにいけることが多い

などが書かれています。まぁ、治療に100%なんてないので、ここは腹をくくるしかありません。多くの歯医者のHPでは、治療はチクチクする程度と書かれています。うん、それくらいなら大丈夫

いざ治療

初診だったので、まずは歯の状態をレントゲンで確認しましょうということで、レントゲンを取ります。アゴを支えて、レントゲン装置がぐるぐる回るアレです。

そして、結果を見たのですが、ここでびっくりなんと虫歯が2本あることがわかりました。ただでさえ嫌な虫歯が2本も!

あーあーあー、聞こえない。聞こえない。すでに私の心は折れかけています。

ですが、ここまできて諦めて帰るわけにはいきません。歯医者さんと話を始めます。

私「今日は虫歯の治療に来ました」
歯医者「2本虫歯がありますね。今回ストリークレーザー治療を希望ということですが、これから治療しますがいいですか?」
私「は、はい・・・」
歯医者「ストリークレーザーで虫歯を除去するのですが、あなたの場合、虫歯が歯と歯の間にあるので少し削らないといけません。それでもいいですか?」

もしかしたら、まったく削らなくてもいけるのでは? と考えていましたが、そもそもレーザーが当たらなければ意味がないようです。

少し削るくらいなら、、、うん、大丈夫。「はい、お願いします」とか細く答えます。

うなる歯を削る音、そして、、、

そんなわけで、さっそく治療が始まります。どうしても削らないといけないということで、「あぁ、やっぱり削られるんだ。これはやってしまった」と心は絶望状態です。

甲高い嫌なあの音がして、歯が削られていきます。そして、いよいよストリークレーザーの出番がやってきます。

パチッ、パチパチッ

と音がします。歯だけにレーザーを当てるのかなと思っていたのですが、実際は火花?を口の中で感じます。痛さとしてはポッピングキャンディくらいです。(食べるとパチパチ音がするお菓子)

少し焦げたような匂いがします。歯が焦げたのか、口の中が焦げたのか、機械の匂いなのか、よくわかりません。(後で家に帰ってみましたが、どこかも異常はありませんでした)

治療の時間としては5分くらいだと思います。その後、削った場所を埋める作業をしていたので10分くらいでした。

「あぁ、これで終わりか」と思ったのもつかの間「はい、それじゃ2本目もいきますね」とかるーく言ってきます。

(え? ちょ、ちょっと待って! こころの準備ができてない!)という私の心の声は、聞こえるはずもなく2本目に突入します。

あぁ、終わった。2本も削られた・・・。期待していたレーザー治療だったけど、削られたよ・・・。

深い悲しみに包まれながら2本目の治療が終了しました。ここまでの時間は開始してから40分くらいでした。

家に帰って見てみると

治療を終えて帰宅します。家に帰る前に、どれくらい削られたのかを見ることもできたのですが、削られたことがショックでなかなか鏡を見ることができませんでした。

そして、いよいよ覚悟を決めて鏡の前に立ちます。

アレ? え? 削られたのこれだけ? まじで?

自分の中では過去に虫歯を治療する際には、大きく削られたことしかなかったので、今回の治療の小ささに驚きが隠せませんでした。

私の虫歯は神経には到達していないものの、大きな虫歯といわれていたのでかなり削られることも覚悟していましたが、実際は1mm程度しか削られていませんでした。

その歯を見た瞬間、うわぁぁぁぁぁ、やったぁぁぁぁ! ほとんど目立たない! すごい! と歓喜にふるえます。

もうね、治療痕は本当に小さいです。

肝心の虫歯は本当に治療できているのか? については、時間がたってみないとわかりませんが、少なくとも前の歯医者では「歯を大きく削らないといけないし、神経を取る必要があるかもしれない」と言われた歯が、ほんの少し削っただけで治療が終了しました。2本あった虫歯も1回の治療で終了です。痛みもほとんどなかったので、こんな簡単にひどい虫歯が治るのかという感想です。

いやぁ、本当に時代は変わりました。

治療費はどれくらいだったの?

気になる治療費ですが、保険適用が効かないということで1本1万円でした。私の場合は、虫歯が2本あったので2万円とプラス診察費です。

歯を削ることに比べたら、もうものすごく安いです。

これからも歯はしっかり磨いていきますが、もしまた虫歯になってしまったら、またストリークレーザーで治療しようと思います。

-体験談

Copyright© OGATAGO , 2020 All Rights Reserved.